東京都町田市のゆたかな自然がお庭の幼稚園「あいはら幼稚園」

いちょう(預かり保育)

いちょうクラブのクリスマス会

2018年12月28日

いちょうクラブのクリスマス会

いちょうクラブのクリスマス会

子どもたちが作った素敵な作品に囲まれながら、クリスマス会を行いました。

いちょうクラブのクリスマス会

今日は、特別な日という事で、園児たちのリクエストに応えて、みんなが好きな遊びをとことん楽しむことにしました。まずは、にこにこやまへ行き、『だるまさんが転んだ』をして遊びました。広々とした自然豊かな環境で、思い切り走り回ります。

いちょうクラブのクリスマス会

その後は、園庭で『通り抜けゲーム』を楽しんだり、

いちょうクラブのクリスマス会

保育室で『なんでもバスケット~クリスマスバージョン~』を楽しんだりしました。

 

いちょうクラブのクリスマス会

たくさん遊んだ後は、いよいよ、楽しみにしていたおやつの時間です。今日は特別に、クラッカーに生クリームとチョコスプレーをのせてクッキングをしました。

 

いちょうクラブのクリスマス会

トッピングをこぼさないようにそっとふりかけます。年長児の様子を見て、年少・年中児も自分から進んで作り始めました。

 

 

いちょうクラブのクリスマス会

 

 

いちょうクラブのクリスマス会

クリスマスのBGМが流れてくると、気持ちはますます高まります。良い雰囲気の中で、友だちとたくさんお話しながら、美味しいおやつを食べました。

いちょうクラブのクリスマス会

「美味しいね」「もっとおかわりしたいな」と、嬉しそうにおかわりをして楽しんだ子どもたちでした。

目玉シールで遊ぼう

2018年12月19日

目玉シールで遊ぼう

丸いシールに目を描いて、自然の中に隠れている『顔』を探しました。

 

目玉シールで遊ぼう

目玉シールで遊ぼう

「どこにしようかな?」と、ワクワクした気持ちで探す園児たち。

目玉シールで遊ぼう

遊具の凸凹やネジなどを活かして、色んな顔を見つけ出していました。

目玉シールで遊ぼう

こちらは、口を赤い落ち葉で表現したようです。

目玉シールで遊ぼう

「見て!可愛いでしょ?」よく見ると、小さな突起が鼻になっています。

目玉シールで遊ぼう

目玉シールで遊ぼう

目玉シールで遊ぼう

目玉シールで遊ぼう

よく遊びに行くにこにこやまも、いつもと違った視線で見ると新しい発見がたくさんありました。

寒い日は温かいおやつ

2018年12月14日

このところ真冬のような寒さが続いています。

いちょうクラブで過ごす子どもたちは、寒さに負けず元気に外遊びをしていますが、

やっぱり寒くて、手やほっぺが冷たくなってきます。

寒い日は温かいおやつ

そんな日は、温かいおやつが嬉しくなります。

そこで今日のおやつは、雑炊です。

夕飯に影響しない程度の少量ではありますが。

 

寒い日は温かいおやつ

みんなおいしいおいしいと、大喜び。

ぺろりと食べて、おかわりをする子も。

たちまちお鍋はからっぽに。

寒い日は温かいおやつ

空腹を満たし体も温まって、みんな満足そうです。

いちょうクラブの部屋から、

大きな声の「ごちそうさまでした。」が聞こえてきました。

落ち葉で遊ぼう『お絵かき』

2018年12月06日

落ち葉で遊ぼう『お絵かき』

落ち葉を探しに、にこにこやまに行きました。

落ち葉で遊ぼう『お絵かき』

落ち葉を拾っていくうちに、葉っぱひとつひとつが、形も大きさも色も違うことに気がついた子どもたち。「もっと赤いのが良いな。」「それどこにあったの?私もそれがいいな。」と、お気に入りの落ち葉を探しました。

落ち葉で遊ぼう『お絵かき』

保育室に戻り、拾ってきた落ち葉を使って絵を描くことにしました。

落ち葉で遊ぼう『お絵かき』

落ち葉にのりをつけて、画用紙に貼り付け、クレヨンで絵や模様を描いたらできあがりです。

落ち葉で遊ぼう『お絵かき』

落ち葉で遊ぼう『お絵かき』

できあがった作品を掲示して、みんなで展覧会を楽しみました。

落ち葉で遊ぼう『お絵かき』

こちらは『海の中の魚』という作品です。葉の形を活かして、うまく魚を表現できています。

落ち葉で遊ぼう『お絵かき』

こちらの作品は『クワガタ』を表現しています。葉っぱのギザギザを見て、クワガタの角をイメージしたようです。

落ち葉で遊ぼう『お絵かき』

こちらの作品は『サーフィン』を表現しています。躍動感があり、本当に波乗りをしているように見えます。園児たちの発想は、とても真っすぐで、とても素敵です。

おやつは、すいとん。

2018年12月03日

いちょうクラブでは、毎日4時頃おやつが出ます。

みんなが降園した後も幼稚園で過ごす子どもたちにとって、

この時間はおなかが減ってきます。

だから、子どもたちはおやつの時間がとても楽しみなようです。

おやつは、すいとん。

今日のおやつは、すいとんです。

子どもたちに聞いてみると、

すいとんは見るのも食べるのも初めてとのこと。

おやつは、すいとん。

さて、そのお味はどうかな。

予想以上に、みんなおいしいおいしいと言って食べました。

おやつは、すいとん。

お代わりする子も、大勢いました。

よろしかったら、一度ご家庭でも作ってみてください。

ホールで遊ぼう

2018年11月27日

ホールで遊ぼう

普段はトランポリンのようにして遊ぶJPクッションですが、今日は違う遊び方をして楽しみました。

ホールで遊ぼう

まずは、あちこちにクッションを並べて…笛の合図がなったら、みんなで一斉に積み重ねます。

ホールで遊ぼう

ホールで遊ぼう

「みんな、ここに重ねよう。」「それ、持ってきて。」と、声を掛け合いながら協力して積み重ねる子どもたちです。

ホールで遊ぼう

ホールで遊ぼう

ホールで遊ぼう

重そうにしている年少児を見て、すぐに駆け寄り手伝ってあげる年長児。かわりに持ってあげるのではなく、そっと手を添えながら年少児に持たせてあげていました。最後まで一人でできるようにフォローする姿を見て、とても温かい気持ちになりました。

ホールで遊ぼう

そして、全部積み上げたらそっと手を離し、数を数えます。

ホールで遊ぼう

「…8・9・10!やったね、倒れなかったよ。」と、友だちと喜び合っていました。

ホールで遊ぼう

「おっとっと…倒れちゃうよ。」と、バランスが崩れて倒れてしまうチームもいましたが、それもまた楽しみの一つです。みんなとても良い表情をして楽しんでいました。

異年齢の友だち

2018年11月16日

異年齢の友だち

いちょうクラブでは、異年齢の友だちと関わりながら様々な活動を楽しんでいます。

異年齢の友だち

こちらは、ドッヂボールの様子です。子どもたち同士で投げる順番を決めたり、転んだ友だちに手を差し伸べたり、相手を思いやりながら仲良く遊んでいます。

異年齢の友だち

こちらはバナナ鬼をしている様子です。初めて参加する子のために、年長児がルールを教えてくれました。

異年齢の友だち

 

 

異年齢の友だち

年下の友だちに優しく接したり、年上の友だちに憧れをもったりと、異年齢の友だちと過ごしながら、豊かな人間関係を築いている子どもたちです。

 

ハロウィン制作

2018年11月01日

ハロウィン制作

季節の行事に触れられるように、今月の制作は『ハロウィン』をテーマにしました。

ハロウィン制作

牛乳パックを使ってお菓子を入れる小物入れを作りました。

ハロウィン制作

ハロウィンに欠かせないカボチャやコウモリなど好きなパーツを選び、貼り付けていきます。

ハロウィン制作

ハロウィン制作

年少・年中児には予め用意しておいた制作キットを使うよう促し、年長児には、園児が自分で切ったり貼りつけたりができるよう、制作方法に段階をつけました。

ハロウィン制作

パーツの貼り付け方にも違いがあり、それぞれの良さが出ています。

ハロウィン制作

廃材も、捨てずに再利用することで様々な遊び道具になるということを、知ってもらえたら嬉しいです。

みんなで食べる給食

2018年10月23日

みんなで食べる給食

午前保育は、普段よりも多くの園児がいちょうクラブを利用します。

みんなで食べる給食

ホールを使用できる日は、ホールに椅子を並べ、みんなで給食を食べることもあります。

 

みんなで食べる給食

みんなで食べる給食

開放的な環境で親しい友だちと一緒に食べる園児たち。

みんなで食べる給食

みんなで食べる給食

いつも以上に気持ちが高まり、給食を全部食べる姿も多く見られます。

みんなで食べる給食

友だちから良い刺激を受け、やる気が高まってきたことが伺えます。

友だちの存在

2018年10月22日

友だちの存在

自由遊びでは、ただ単に好きな遊びをするのではなく、遊ぶ範囲を決めたり、玩具を指定したりしています。

 

友だちの存在

今日は砂場遊びの日です。砂場で遊ぶよう促すと、園児が数名ずつ集まり、何を作るか話し合い始めました。

友だちの存在

個々で遊ぶよりも、みんなで一つの物を作ったり、会話をしながらコミュニケーションをとったりする方が楽しいことを少しずつ感じ始めた園児たちです。

友だちの存在

これからも、自然な形で友だちと関われる機会を増やしていきます。

環境にも大分慣れ始め、気心知れた友だちと仲良く遊ぶ様子が多く見られます。まるで兄弟のように仲が良い子どもたちです。

Return to Top ▲Return to Top ▲