東京都町田市のゆたかな自然がお庭の幼稚園「あいはら幼稚園」

鬼は外福は内

つき組

鬼は外福は内

朝晩の寒さが厳しい毎日ですが、幼稚園では豆まきが行われ、元気いっぱいな子どもたちの声が園庭中に響き渡りました。

鬼は外福は内

「どんな鬼がくるの?」と、朝から心配している子どもたちでしたが、自分で作った鬼のお面をかぶると気合いが高まり、鬼をやっつける準備は万端です。

鬼は外福は内

鬼退治の前に、幸せをくれる福の神が出てきました。「はぁびっくりした。まだ鬼は出てこないのか。」と、胸をなでおろす子どもたち。数名の子どもたちに福の神のお手伝いをしてもらいました。

鬼は外福は内

「福はうち~」と、豆をそうっと投げて、友だちに豆が当たるたびに「あっ痛かった?ごめんね。」と言って気を遣っている子どもたちが何だかとても可愛らしかったです。

鬼は外福は内

 そして、いよいよ鬼の登場です。

 

鬼は外福は内

とても強そうな怖い鬼でしたが、つき組の子どもたちの力強い声でたちまち退散してしまいました。

鬼は外福は内

鬼は外福は内

中には、怖くて泣いている子もいましたが、みんなで力を合わせ鬼をやっつけました。

鬼は外福は内

たくさんの豆をぶつけられて、逃げ回る鬼たちを許してあげる子どもたち。鬼と仲直りをして、泣いていた子どもたちも笑顔に戻りました。「お家の人や先生のお話しを聞きます」「すぐに泣いたり怒ったりしません」など、みんなで約束をしました。

鬼は外福は内

豆をまいて、泣きむし鬼やいじわる鬼を追い出したら、何だか急にたくましくなった様子でした。