東京都町田市のゆたかな自然がお庭の幼稚園「あいはら幼稚園」

どんぐり広場(お知らせ)

令和4年度あいはら幼稚園研究活動スタート

2022年06月24日

あいはら幼稚園では、子どもの健やかな成長と保育の質の向上のため、毎年テーマを設定し、そのテーマに沿って研究活動を行っています。

令和4年度は「元気よく遊ぶ子の在り方とは?~みんなで楽しく身体を動かそう!~」というテーマをもとに、日々の保育の中で楽しい体力作りを実践していきたいと思います。

あいはら幼稚園の教育目標の一つでもある「元気よく遊ぶ子」。

体力作りを通し、色々な力が身に付けられるよう各学年、学級で取り組んでいきます。

 

 

令和4年度あいはら幼稚園研究活動スタート

幼児にとって身体を動かす遊びなど、思い切り伸び伸びと動くことは、健やかな心の育ちも促す効果があります。

また遊びから得られる成功体験によって育まれる意欲や有能感は、身体を活発に動かす機会を増大させるとともに、何事にも意欲的に取りくむ態度を養います。

この研究活動を通し、子どもたちの体力の強化、自信を持った行動ができる子どもへ、健全な「こころ」の発達、成長へと繋げられるよう取り組んでいきたいと考えています。

令和4年度あいはら幼稚園研究活動スタート

主な取り組みは2つです。

●取り組み①

・「チャレンジカード」を子どもたちへ配布します。そのチャレンジカードをもとに学年に沿った目標に向かって体力作りを行っていきます。

・カードの内容は学年ごと違う取り組みが書かれています。

●取り組み➁

・「げんきっこタイム」という時間を設定し、全園児で身体を動かす時間を2学期~予定しています。

・コロナ禍の為、みんなで集まって身体をを動かす機会が少なくなってしまっていた昨今ですが、

時間を作りみんなで身体を動かす楽しさを感じられるよう取り組んでいきたいと思っています。

令和4年度あいはら幼稚園研究活動スタート

今後の様子はブログを通し、各学級ごとお伝えしていきます。

全クラスどんぐりんのページより毎月1回を目安に更新していきますのでご覧いただけたらと思います。

よろしくお願いします。

 

 

だんごむし

2022年06月01日

暖かな季節になり、戸外遊びでは色々な虫を探したり、お友だちと観察する姿がよくみられるようになりました。その中でも「だんごむし」は大人気!職員室の玄関に「だんごむしのおうち」を作ると、子どもたちが毎日のようにお家の中を覗きにくるようになりました。

 

だんごむし

だんごむし

長生きめだかさんも大人気です!

だんごむし

生き物に関心を持ち、可愛く思う中で、命の大切さの学びにつなげられるような促しをしていきたいと思います。

落とし物

2022年04月09日

落とし物

表駐車場に鍵が落ちていました。職員室で預かっていますので、心当たりの方がいらっしゃいましたら職員に声をかけてください。

年長 2,3月研究活動「オオカミとひつじ」

2022年03月31日

今回のレクリエーションは「オオカミとひつじ」というゲームを行いました。

 

1チーム4,5人のグループを作りその中で、オオカミ役とひつじ役に分かれます。

ひつじは肩に手を掛け、1列に並び、オオカミと対面します。

年長 2,3月研究活動「オオカミとひつじ」

オオカミは最後尾の子ひつじを捕まえます。ひつじたちは最後尾の子ひつじが捕まらないように動きます。

年長 2,3月研究活動「オオカミとひつじ」

年長 2,3月研究活動「オオカミとひつじ」

年長 2,3月研究活動「オオカミとひつじ」

ひつじたちは子ひつじが捕まらないように、手を広げたりオオカミが回り込んで来ないように俊敏に動いたりしました。

年長 2,3月研究活動「オオカミとひつじ」

時にはオオカミの動きを止めようとする勇気あるひつじもいました。

年長 2,3月研究活動「オオカミとひつじ」

年長 2,3月研究活動「オオカミとひつじ」

後ろのひつじたちは手が離れないようしっかり掴んだり、前のひつじの動きに付いていこうと懸命に動いている姿が見られました。

年長 2,3月研究活動「オオカミとひつじ」

このレクリエーションを行う際に、子ども目線で友だち一人ひとりの適性を見極め、グループ内のポジションを話し合いながら決めている姿に、友だちの理解やゲームを自分たちで進める力が付いたことを実感しました。

また、学年でのレクリエーションを1年間通して行い、クラス隔てなく同じチームの友だちを応援したり、喜び合ったりする様子が見られました。学年での繋がりを感じられ、楽しい時間を共有し過ごすことが出来ました。

 

研究活動のまとめ

2022年03月30日

研究活動のまとめ

令和2年度から2年にわたり研究活動『レクリエーション』を行ってきました。

 

研究活動のまとめ

この2年間、どのようなきっかけで遊びが始まり、その遊びがどのように変容していくのか、子どもたちの遊びを丁寧に見取ってきました。また、人や物とのかかわりの中で、遊びが広がったり深まったりするための援助の在り方に視点を置いて研究を進めてきました。

研究活動のまとめ

毎月、学年ごとに集団遊びの内容を考案し実践しながら、その遊びの何に楽しさや面白さを感じているのか、そして遊びが広がったり深まったりした要因に視点をあてて具体的に記録してきました。

研究活動のまとめ

研究活動のまとめ

友だちの姿を見て、「こんな風に遊ぶ子なんだな。」「隣で一緒に笑い合って盛り上がったこの子のこと、もっと知ってみたいな。」と言う気持ちが生まれ、友だちの輪が格段に広がってきました。他クラスとの交流も深まったことでクラス替え、進学に向けた大切な経験となったと思います。

研究活動のまとめ

令和3年11月には、神奈川県レクリエーション協会の講師による『レクリエーション研修』を実施し、研究に関する意見交換を行いました。「この子が楽しめることは何だろう」「あの子を笑顔にさせるには何をしたら良いだろう」子ども一人ひとりの楽しいを引き出せるよう全職員で考える良い機会となりました。

研究活動のまとめ

その他にも定期的に集まり、研究成果を報告し合いながら保育を見る視点を共通理解する機会を設けてきました。

子どもたちの遊びの様子や保育者の思いや悩みなどを語り合い、保育室や園庭の環境を保育者で見合いながら共有したり、気付いたことを伝え合ったりして環境を再構成していきました。

 

研究活動のまとめ

研究活動のまとめ

≪学年ごとの研究成果≫

【年少】 

友だちと『同じ遊び』をすることに興味が湧き始めました。

・人とかかわる心地良さを感じるようになり、友だちに目を向けたり受け入れたりできるようになってきました。

【年中】

友だちと誘い合い『集団で』遊べるようになってきました。

・遊び方を覚え、自由遊び中に子どもたちだけで誘い合って遊べるようになりました。

【年長】

子どもたちの中で、遊びの提案やルールを決めることができるようになりました。

・共通の目的をもって自分たちで遊びをつくり進める楽しさを感じ始めました。

研究活動のまとめ

感染症の影響で大きく制限された中での活動でしたが、普段の生活では関わる機会が少ない友だちのことを“知りたい”と思うきっかけになったと思います。

レクリエーション活動のブログ報告もこれが最後です。ブログを通して、研究活動を見守ってくださいましてありがとうございました。これからも職員一同、様々な視点でお子様を見守り育ててまいります。研究主任 梅津・美蘭田

年中 2.3月 研究活動

2022年03月22日

年中 2.3月 研究活動

年中最後の研究活動は「猛獣狩りゲーム」。

 

年中 2.3月 研究活動

「猛獣狩りに行こうよ!」という“猛獣狩りの歌”からゲームが始まります。

保育者が言った動物の名前の文字と同じ数の人数のグループをつくり、出来たらしゃがむというゲームです。

年中 2.3月 研究活動

今までもグループになるというゲームは行ってきましたが、今回は文字を数えるという内容が加わり、難しさがアップ!

文字を読み、数を数えた子が真っ先に「2!」「3!」と大きな声を出してグループを作り始めると、周りの子もすぐにその声に反応し手を繋ぎます。

年中 2.3月 研究活動

年中 2.3月 研究活動

周りを見ながら即座に判断し、パッと隣のグループに移動して人数調整をする子もいて驚きました。

年中 2.3月 研究活動

年中 2.3月 研究活動

最初は文字のカードを使い、次は子どもたちがカードを使って出題、最後はカードなしで子どもが出題するというように少しずつ発展させていくことで、最後まで飽きずに参加することができました。

1年間、様々なゲームを経験し、自分から積極的に声をかけられるようになったり、仲間意識が強くなったり、勝敗のあるゲームにも気持ちに折り合いをつけながら楽しく参加できるようになったりと大きな成長が見られた子どもたち。

年長さんでもこの経験を活かし、友だちと遊ぶことの楽しさを存分に味わってほしいと思います。

年少2・3月研究活動

2022年03月22日

年少2・3月研究活動

年少の2・3月研究活動は、『ひょうたん鬼』を行いました。

年少2・3月研究活動

ルールはとても簡単です。

①地面にひょうたん型の図を描き、鬼以外の子はひょうたんの中に入る。
②鬼役は、ひょうたんの外側から周りを回りながらひょうたんの中にいる子にタッチする。
③ひょうたんの中を逃げている子は、鬼に捕まったら鬼役にかわる。(鬼が増えていく) 

 

年少2・3月研究活動

鬼は、ひょうたんの細くくびれているところをジャンプして飛び越すことができるので、どの子もとても楽しそうです。

年少2・3月研究活動

年少2・3月研究活動

捕まえられるぎりぎりの限界に立ちスリルを味わったり、ただひたすら逃げ回るのを楽しんだり、鬼に触られないような距離感を保ったり、考えながら動くことができていました。

年少2・3月研究活動

年少2・3月研究活動

レクリエーションの時間が終わった後も、「ねぇ、ひょうたん遊びの続きやらない?」「うん、やろう、やろう。」と誘い合いながら遊びを続ける子どもたち。
 

年少2・3月研究活動

今までは、保育者が介入しないと成立しなかったのですが、この遊びは、ルールが分かりやすいからか、子どもたちだけでも遊びを進めることができました。

年少2・3月研究活動

1年間行ってきたレクリエーション活動も今回が最後です。

友だちと同じ遊びを楽しむ体験をたくさん積んで、“みんなといると楽しい”、“友だちって良いな”という気持ちが生まれてきました。

年少2・3月研究活動

他クラスとの交流も深めてきたので、会うと自然に挨拶を交わす様子も多く見られます。友だちの輪が格段に広がり、初めての活動にも戸惑うことなく参加できるようになってきた子どもたち。初めての進級、クラス替えに向けた大切な経験となったと思います。  

3月7日(園庭開放)中止

2022年03月04日

3月7日に予定していました園庭開放は園都合により中止にさせていただきます。

次回は3月14日を予定しています。

園庭開放について

2022年02月16日

未就園児を対象に『園庭開放』を実施しています。
砂場や遊具、園庭で自由に遊んでいただいています。予約は不要ですのでお気軽に遊びにいらしてください。
 
■時間 :10時40分〜12時00分 (予定)
■駐車場:幼稚園裏
■持ち物:水筒、帽子、着替え等
※雨天時は中止です。
 
2021年度実施予定日
■3月 : 7日(中止)、14日
※園都合により3月7日の園庭開放は中止します。
 

年中1月研究活動

2022年02月02日

年中の1月のレクリエーションは、「コイン集めゲーム」です。

今回は、ペットボトルのキャップをコインに見立てて遊びました。

遊び方

①1人3つのコインを持ってスタート。

②相手を見つけてじゃんけんをする。

③負けたら相手にひとつコインを渡す。

④コインを持っている間は、色んな人とじゃんけんをしてコインを集める。手元のコインがなくなったら座って待つ。

⑤たくさんコインが集まったひとの勝ち。

これまで色々なゲームをしてきた経験から、すぐにじゃんけんをする相手を見つけられるようになったなと感じます。「じゃんけんしよう。」と言うのと同じように、日々の生活でも「一緒にあそぼう。」と気軽に声をかけられるようになってきて、色んな子と関わりが持てるようになりました。

年中1月研究活動

ルールを聞いてゲームスタートです。

 

年中1月研究活動

年中1月研究活動

年中1月研究活動

年中1月研究活動

こちらは、コインが0個になってしまった子。「今日じゃんけん弱い日だー。」なんて聞こえてきました。

年中1月研究活動

「まだ1個ある!」「こんなに増えた!」と見せてくれました。

最後は、みんなで残った数を発表しました。多い子は9個もゲットしていました!

年中1月研究活動

チーム戦も行いました。個人戦とは違い、みんなで悔しがったり喜んだりする中で‶みんなで遊ぶって楽しい”と感じてくれたらと思っています。

遊び方

①2チームに分かれて、相手のチームの子とだけじゃんけんをする。

②最後に持っているコインを、同じチームで集める。

③合計の数が多いチームの勝ち。

年中1月研究活動

沢山あるコインをどうやって数えるかな?数えられるかな?と見ていると・・・。最初はバラバラに置いていたり、自分のコインだけを数えたり・・・。だけど「違うよ。こうだよ。」と気づいた子が並べだしました。すると、子ども達で工夫して並べて「1.2.3.4…..」とみんなで声を合わせて上手に数えていて、協力する姿が見られました。

年中1月研究活動

並べ方もチームによってそれぞれでした。

年中1月研究活動

Return to Top ▲Return to Top ▲