東京都町田市のゆたかな自然がお庭の幼稚園「あいはら幼稚園」

にじ組

coming soon

2020年04月01日

卒園おめでとう

2020年03月24日

3月18日(水)卒園式。

当日は慌ただしく、きちんとご挨拶ができず申し訳ありませんでした。

 

 

卒園おめでとう

みんなと過ごした1年。

にじ組の子どもたちは本当に頑張りやさんでした。

卒園おめでとう

与えられた課題、目の前の目標から逃げることなく「どうしたら達成できるのか」を考えいつも挑戦する気持ちを持って取り組んでいました。

そんな頑張る子どもたちの後ろには、いつも温かく励まし背中を押してくれるご家族の存在があったからなんだろうなと思っています。

卒園おめでとう

卒園おめでとう

卒園おめでとう

卒園おめでとう

卒園おめでとう

卒園おめでとう

久しぶりの登園、そして迎えた卒園式。

担任の不安を吹き飛ばす堂々とした姿に驚きました。

卒園おめでとう

この1年、子どもたちの一生懸命頑張る姿から、たくさんの驚きと感動をもらいました。

みんなの真っすぐ、一生懸命な表情が大好きです。

いよいよ1年生!

小学校へ行っても、挑戦する気持ちを忘れず元気で頑張ってください。

応援しています。

卒園おめでとう

本当に楽しい1年でした。

1年間ありがとうございました。

修了式

2020年03月06日

修了式前日、みんなで最後の外遊び。

最後に自分の好きな場所で遊びを楽しみました。

 

 

 

修了式

修了式

修了式

修了式

修了式

そして、にじ組元気に全員出席することができた修了式。

年中さんと年少さんのお友だちが花道を作り送り出してくれました。

嬉しい反面、少し寂しさを感じる姿も見られました。

 

修了式

修了式

修了式

修了式

修了式

当たり前に過ごしてきた幼稚園、にじ組での生活が今日で最後なんだなと思うと寂しさがこみ上げポロポロ涙を流す子もいました。

「悲しくて涙がでることは変なことではないんだよ」とみんなで寂しい気持ちをぶつけあった最後の帰りの会でした。

次にみんなで会うのは卒園式。少し空いてしまいますが、元気な姿で登園してくれるのを楽しみに待っています。

 

 

もうすぐ1年生

2020年03月05日

にじ組での生活も残すところあとわずかとなりました。

 

もうすぐ1年生

練習を始めた頃は、ドキドキしていた子が多かった卒園式の練習。最後の卒園式練習では大きな声で言葉や歌を歌う姿が見られました。

 

もうすぐ1年生

もうすぐ1年生

もうすぐ1年生

もうすぐ1年生

みんなの大好きなにこにこやま。最後のにこにこやま遊びでは友だちと声を掛け合い、元気いっぱい思い切り遊ぶ姿が見られました。

もうすぐ1年生

もうすぐ1年生

もうすぐ1年生

もうすぐ1年生

幼稚園最後の給食。笑顔いっぱいでもりもり食べる姿が見られました。

みんな食べるペースも早くなったり、完食する子が増えたり、様々なところから身体も気持ちも1年生に近付いてきているなと成長が感じられます。

もうすぐ1年生

最近では、別れを感じクラスの中でも「寂しいな」という声が聞こえてくることがあります。

でも、それ以上に1年生になることを楽しみにしている姿も見られています。

残りの幼稚園生活、元気に通い、みんなで仲良く楽しく過ごせたらと思っています。

 

 

サッカー大会

2020年02月14日

1位を目指してみんなで頑張ったサッカー大会。

 

サッカー大会

サッカー大会

サッカー大会

サッカー大会

結果は男の子2位、女の子3位でした。

でも、あきらめないで最後まで一生懸命ボールを追いかけていました。

みんなで味わった嬉しい思いも、悔しい思いもずっと忘れないでほしいなと思います。

サッカー大会

サッカー大会

サッカー大会

サッカー大会

サッカー大会

サッカー大会

最後までみんなで頑張ったにじ組さん。金メダルです。

家作り②

2020年02月14日

温泉チームとレストランチームに分かれて始まった家作り。

家作り②

家作り②

家作り②

家作り②

家作り②

温泉チームは湯と書かれているのれんや入浴剤、洗濯機等から作り始めました。

他にも「富士山の絵」や「竹藪が見える露天風呂にしたい!」など自分たちの知っている知識やアイデアをたくさん伝え合いながら制作を進めていました。

家作り②

家作り②

家作り②

レストランチームはテーブルや椅子などから作り始めました。

最初、箱で作った椅子はすぐにつぶれてしまい「どうしよう」とみんなで悩み、考える姿も見られました。

また、たくさんの箱の形を見ながら「これはたこやき機になるんじゃない?」とたこやき機や自動販売機など仕組みや仕掛けのある制作を「どうしたらジュースが上から落ちてくるかな」等と試行錯誤しながら制作を進めていました。

家作り②

家作り②

みんなで一つのものを制作する活動なので、どんな風に動き、制作をすればいいのか分からない子もいましたが、友だちの制作を近くで見る中で自分なりにできる役割を見つけ始めたり、お金や入浴剤作りなど細かい部分に気付き自分の得意なことを生かし楽しく取り組めるようになってきました。

家作り①

2020年02月06日

楽しみにしていた家作りが始まりました。

まずはみんなで意見を出し合い、どんな家を作りたいかテーマを決めることにしました。

家作り①

「お菓子の家」「おばけ屋敷みたいな家」…等たくさんの意見が出ましたが、「ホテルみたいな家」に決まりました。

 

 

家作り①

まずは大きな段ボールで壁を作ることからみんなではじめました。

初めはそれぞれみんなが自由に選んだ段ボールを好きに組み立てようとしていたので、なかなかまとまりませんでした。しかし少し助言したり、出来上がりのイメージをみんなで考えることで「こんな感じかな」と理解して家の土台が出来上がってきました。

 

家作り①

家作り①

家作り①

家作り①

家作り①

そこからホテルみたいな家を作るためには何が必要か考えると…

温泉、ゲームセンター、バイキング、看板、魚釣り出来る場所、駐車場…等と作りたいものでいっぱい。

まずは温泉チームとレストランチームに分かれアイデアを出し合い、進めることになりました。

 

家作り①

「シャンデリアはぼくが作ってくるよ」「フライパンはあの箱がいいんじゃない?」「お風呂には富士山の絵が必要だよね?」と、目指す目標が見つかると毎回とても意欲的な姿を見せてくれる虹組の子どもたちです。

家作り①

家作り①

今回もどんな家がみんなで作られるのか楽しみです。

豆まき

2020年02月04日

2月3日は節分でした。作った鬼のお面と豆入れを持って豆まきをしました。

豆まき

豆まき

お面は色鉛筆で塗りました。

豆まき

豆まき

豆コップは画用紙と折り紙を頑張って折りました。

トラ柄の模様描きと鬼の表情は子どもによって様々でした。

豆まき

豆まきの朝、正門に付いていた鬼の苦手なひいらぎの葉といわしを見て、

「鬼は来ないんじゃないかな?」「きっと山からくるよ!」「でも怖くないけどね!」と、みんなソワソワ…

豆まき

お面を付けて準備万端。「誰だかわかんない」とみんなで盛り上がっていました。

豆まき

福の神をクラスで3名決めました。やってみたいという子が多く、じゃんけんで決めました。

じゃんけんで勝ち取った強運の「福の神」から「福は~うち~」の豆に必死にあたろうとする子どもたちです。

そして、ついに鬼の登場です。

 

豆まき

少し怖がっていた子もみんな頑張って「鬼は~そと!福は~うち!」と元気いっぱい鬼をめがけて豆を投げることができました。

豆まき

豆まき

みんな元気に過ごせますように・・・

法政大学 馬術部へ

2020年01月31日

1月30日、近隣の法政大学馬術部へ行きました。

久しぶりの園外保育に朝から気持ちを弾ませる姿が見られました。

法政大学 馬術部へ

挨拶をした後、馬舎へ案内して頂きました。

馬舎の前にはかわいいポニー3頭がみんなのことを出迎えてくれました。

法政大学 馬術部へ

そこで餌やりと触れ合いを体験させて頂きました。

昨年も体験していることもあってか怖がる子はほとんどいませんでした。

積極的に「かわいいね」と話しながら優しくなでてふれあいを楽しみました。

法政大学 馬術部へ

法政大学 馬術部へ

法政大学 馬術部へ

法政大学 馬術部へ

馬舎の中も見学させてもらいました。

その中では質問タイムも作ってくれました。

「夜はどんな風に過ごしているんですか」「普段どんな運動をしているんですか?」等、なかなか難しい質問をするので驚きました。

 

法政大学 馬術部へ

法政大学 馬術部へ

法政大学 馬術部へ

法政大学 馬術部へ

お天気も良く楽しい園外保育となりました。

たてわり保育

2020年01月30日

たてわり保育がありました。

今年度最後のたてわり保育ということで、前日に自分たちで何かできることはないかグループごと考えてみました。

たてわり保育

初めは「できることって何?」「わからないよ」と言う子どもたちでしたが、

「普段自分たちがしている遊びとかを教えてあげたり…」とヒントを少し与えると「あっ!手遊びを教えたい」「大縄は?」「ゲームは?」等、子どもたち同士での話し合いが始まりました。

たてわり保育

たてわり保育

たてわり保育

「大根抜きゲームをみんなでしたい」と決めたグループはルールを説明する人、見本を見せる人を決めるなど役割分担をしていました。説明の仕方をシュミレーションする中で気付くこともあったようで「やってはいけない約束も決めよう」とまた話を膨らませていました。

たてわり保育

たてわり保育

たてわり保育

「折り紙を教えたい」と決めたグループは何を教えるかみんなで相談。でもなかなか良い案が出てこなかったのですが、一人の子が「じゃあ船はどう?みんなに作り方教えるから」と提案してくれ、みんなでその子を中心に船を折る練習をしていました。

たてわり保育

たてわり保育

たてわり保育

3つ目のグループは「かくれんぼ」「大縄」「折り紙』…意見がたくさん出たことでなかなかまとまらず苦戦していましたが、「晴れたら外でかくれんぼ」「雨だったら折り紙」になりました。教えたい折り紙もたくさんあったようで「女の子がねこを教えて、男の子がサカナ、そして最後にみんなで紙飛行機!」と盛りだくさんの内容に加え、説明する台本まで準備していました。

 

当日の写真はないのですが、たてわり保育を終えた後にみんなに感想を聞くと「楽しかったって言ってもらえて嬉しかった!」「教えるのって楽しい!」と笑顔いっぱいで感想を教えてくれました。これから始まる家作りでもこんな風に自分たちで話し合い活動を進められるといいなと思います。