東京都町田市のゆたかな自然がお庭の幼稚園「あいはら幼稚園」

さくら組

春が来た

2015年03月18日

にこにこやまに行く途中。

梅の木を見つけ、

春が来た

「あっ!梅干しが咲いてるよ!」

「本当だ!梅干しのにおいがするね」と友だちと季節の会話を楽しむ

子どもたち。

春が来た

そんなあたたかい会話に、春を感じたひとときでした。

春が来た

春が来た

制作帳整理

2015年03月10日

1年間の制作品にリボンを通し、

ファイルしました。

制作帳整理

小さな穴にリボンを通すのは少し難しかったけど・・・

みんな頑張りました。

制作帳整理

1年前の自分の絵を見て「なにこの絵~!?」と笑い出す子もいました。

 

制作帳整理

お絵かき、はさみ、のりの使い方・・・みんなこの1年でとっても上手になりました。

遠足

2015年03月10日

楽しみにしていた遠足に行ってきました。

 

 

遠足

大きな遊具に驚く子どもたち。

遠足

友だちを誘い合ってにこにこ笑顔でお弁当を食べる姿も見られました。

 

遠足

みんなで作った遊園地も楽しいけど、

本物の遊園地に喜ぶ子どもたちでした。

遠足

遊園地ごっこ②

2015年02月18日

遊園地ごっこ①の続きです。

こちらでは「キティちゃんの家」作りました。

家の中をのぞいてみると・・・

遊園地ごっこ②

「包丁で切って食事を作っているの!」とクッキング中のようです。

 

遊園地ごっこ②

「さあご飯食べるよ~」とかわいい赤ちゃん役の人形に食べさせ、ごっこ遊びに夢中です。

 

遊園地ごっこ②

こちらの「電車ごっこ」では、先日のブロックを使い線路を作り電車を走らせて遊んでいます。

線路の組み立ては、日によって形が変わります。

遊園地ごっこ②

このような物づくりを中心とした「遊園地ごっこ」では、作る、遊ぶ、関わる・・・色々な遊びを楽しむことで友達との関わり合いを学んでいます。

たてわり保育

2015年02月09日

たてわり保育の日、

「さくら組の友だちが妖怪ウォッチの電車が作りたいんだけど・・・」

と年中・年長のお兄さん、お姉さんに話をしてみたら

 

たてわり保育

キャラクターを大きな紙に描いてくれました。

他にも年少さんには難しいかな?と思って文字を書いてくれたりして手伝ってくれました。

 

たてわり保育

出来上がった電車に喜んで遊ぶさくら組の子どもたち。

たてわり保育

たてわり保育

1年間たてわり保育を通し、お兄さん・お姉さんから

色々なこと学びました。

遊園地ごっこ①

2015年02月02日

今日はみんなでブロック遊び・・・!?

遊園地ごっこ①

よーく見てみると・・・

これは牛乳パックでつくった手作りブロックです。

遊園地ごっこ①

 

 

遊園地ごっこ①

遊園地ごっこで遊ぶためのブロックを作る取り組みを始めました。

遊園地ごっこ①

雨の日①

2015年01月22日

雨の日、部屋で遊ぶ子どもたちに段ボールや空き箱を渡すと・・・

雨の日①

見事に、テーブルやままごとの小道具に変身しました。

雨の日①

食べ物をたくさん入れて・・・

「これは冷蔵庫だよ!」

雨の日①

「いらっしゃいませ~」と元気いっぱいの店員さん。

こちらは食べ物屋さんのカウンターのようです。

雨の日①

ぎゅうぎゅうと狭い空間だけど

みんなで楽しく遊ぶさくら組でした。

雨の日②

2015年01月22日

ブロックが大好きな男の子たち。

雨の日②

長く、長くみんなで積み上げ・・・

雨の日②

「見て見て!!こんなに大きいよ!」

雨の日②

みんなで色々と考えて、上手に作れるようになってきました。

フルーツバスケット

2015年01月15日

紙に好きな果物を描き

フルーツバスケットをして遊びました。

フルーツバスケット

メロン、りんご、ぶどう、みかん・・・

果物の形、色など特徴をつかんで上手に描けていました。

フルーツバスケット

描いたものを胸に張りゲームスタート。

フルーツバスケット

「座れるかな?座れるかな?」と胸をドキドキさせながらゲームを楽しみました。

フルーツバスケット

にこにこやまに海賊登場!?

2015年01月15日

「きゃー!海に落ちる~!!」
とにこにこやまのツリーハウスで盛り上がる子どもたち。
たくさんの落ち葉を海と見立てて遊んでいました。

にこにこやまに海賊登場!?

「ここは海だから気をつけろ~!」と叫ぶ男の子たち。

木の枝の剣を持った海賊の登場です!!

にこにこやまに海賊登場!?

ツリーハウスが大きな海賊船になった一日でした。

にこにこやまに海賊登場!?

Return to Top ▲Return to Top ▲