東京都町田市のゆたかな自然がお庭の幼稚園「あいはら幼稚園」

幼稚園最後の発表会

ほし組

幼稚園最後の発表会

3日間に渡って行われた発表会、怪我や大きなトラブルもなく大成功に終わりました。

ほし組の発表は午後からなので、午前中はのんびりといつも通りの活動を行いました。こちらは毎朝行っている『ゲームリーダー・集団ゲーム』の様子です。元気いっぱいに楽しんでいましたが、どこか上の空の子どもたち。どうやら発表会のことが気になるようです。

幼稚園最後の発表会

こちらは朝の会の様子です。元気良く参加していましたが、いつもと違う環境に何だか落ち着かない様子。発表会の時間が少しずつ近づいてきて、ソワソワし始めてきたようです。

幼稚園最後の発表会

少し早めに給食を食べて、力太郎の衣装に着替えました。着替えを手伝ってくれた先生たちに励まされて、緊張が和らいできた子どもたちです。

幼稚園最後の発表会

本番前につき組とにじ組の先生やお友だちが応援に来てくれました。『ほし組への応援歌』を歌ってくれたり、「やればできる!」と優しい言葉を掛けてくれたり、温かい応援を沢山してくれました。そのおかげで、「上手くできそうな気がしてきたぞ。」と力が沸いてきました。

幼稚園最後の発表会

そしていよいよ本番です。大勢のお客さんの前に立ち、緊張したり不安になったり恥ずかしかったり、色々な気持ちを抱いていたと思いますが、最後まで集中して頑張っていました。※こちらは総合練習時の写真です。

 

 

幼稚園最後の発表会

劇の終盤、フィナーレの様子です。生き生きと演じる姿、たくさんの拍手を心から喜んでいる姿を見ていると、胸が熱くなりました。何だかたくましく大きく見える子どもたち。発表会を経験した今、子どもたちは満足感や達成感を感じ、自信に満ち溢れていると思います。

 

 

幼稚園最後の発表会

発表を終えて保育室に戻り、同じ役の友だちと手を握って「ありがとう、うまくいったね。」と頑張りを認め合いました。

幼稚園最後の発表会

中には、張りつめていた緊張の糸が切れたのか、ポロポロと涙を流す子もいました。

「みんなと一緒にやれてよかった。もう練習ができないのが悲しいんだ。」と、思っている気持ちを話してくれました。

 

幼稚園最後の発表会

仲間の存在が、かけがえのな大切なものに変わってきていることが伺えました。子どもたちの絆は私たちが思っているよりも、もっともっと深く熱いようです。

 

 

幼稚園最後の発表会

衣装の準備やお洗濯など、様々なご協力をありがとうございました。

台詞や踊りをお家でも練習してくださったこと、緊張が和らぐよう励まし続けてくださったこと、客席から笑顔で温かく見守ってくださったことに心から感謝しています。本当にありがとうございました。