東京都町田市のゆたかな自然がお庭の幼稚園「あいはら幼稚園」

さくら組

ドキドキワクワク12月★

2020年12月18日

発表会を頑張ったみんなのもとへサンタさんからのお手紙が届き迎えたクリスマス会。

朝から「早くサンタさんに会いたい!」とワクワクが止まらないさくら組さん。

頑張って作ったサンタさんの帽子を被って準備は万端です。

 

 

 

 

ドキドキワクワク12月★

ドキドキワクワク12月★

 

 

 

 

ドキドキワクワク12月★

ドキドキワクワク12月★

クリスマス会では、ひまわり組のお友だちと一緒にブラックパネルシアターを見て楽しみました。

そして「あわてんぼうのサンタクロースの」の歌を元気いっぱい歌い、大きな声で「サンタさーん!」と呼びかけると、リンリンリン…どこからか鈴の音が…!?

 

ドキドキワクワク12月★

「あ、サンタさんだ!」と真っ赤な服と白いお鬚のサンタさんの登場に嬉しさと驚きの表情でいっぱいのさくら組さんでした。

代表のお友だちがサンタさんへ質問をしてくれました。

サンタさんの好きな食べ物がメロンパンと知り、「私と一緒だ!」と喜ぶ姿もみられました。

 

ドキドキワクワク12月★

サンタさんに「また来てね」と挨拶をして、保育室へ帰るとそこにはプレゼントの山が…

サンタさんは帰ってしまったけれど、保育室の中からもう一度「ありがとう」とお礼を伝えました。

そして、お楽しみはまだありました。

 

ドキドキワクワク12月★

みんなのもとに届いたもう一つのプレゼントはチョコレートケーキ。

ケーキが早く食べたい子どもたちはいつも以上に給食を頑張って食べていました。

そして「お星さまのチョコレートだ!」とみんなで甘くておいしいケーキを食べました。

みんなで食べると美味しさも倍増、いい笑顔!

みんなの心に残る楽しい一日になりました。

 

ドキドキワクワク12月★

ドキドキワクワク12月★

ドキドキワクワク12月★

発表会

2020年12月15日

初めての発表会。

はじめての経験の為、不安や緊張という様子はほとんど見られず、「家族の人が見に来てくれる!」という喜びで溢れていました。

でもいざ舞台に立ち、幕が開くといつもとは違った雰囲気のホール。

そんな状況に少し緊張も感じられましたが、全員で舞台の立ち元気いっぱい「3びきのこぶた」を表現することができました。

終わった後は「楽しかった。」、「ママが見えた。」と教えてくれてくれる子もいました。

ドキドキする気持ちも大切な経験の一つ。

みんなで一つの活動をやり遂げたことでお友だちとの関わりや遊びの幅も広がってきました。

 発表会の経験を通し、また一つ成長した姿を見せてくれたさくら組です。

 

発表会

発表会

発表会

発表会

発表会

たくさんの応援、励まし、ご協力をありがとうございました。

もうすぐ発表会

2020年11月25日

11月の年少の目標は「イメージしたことを自分なりに表現する」でした。

色々な絵本や物語に触れ、役になりきる遊びをして遊び過ごしました。

 

もうすぐ発表会

もうすぐ発表会

読み聞かせ後、すぐに物語に入り込み楽しめる子、少し戸惑いを見せる子、と最初の子どもたちの姿は様々でした。

でも楽しんで表現する友だちの姿を見たり、くり返し劇遊びを行ったりする中で役や物語をイメージし自分なりに役を表現できるようになってきました。

もうすぐ発表会

もうすぐ発表会

もうすぐ発表会

発表会では「3びきのこぶた」を表現します。

自分のやりたい役を決めたらみんなでお面作り!

かわいいこぶたと怖いおおかみさん。

役決めでは「お家を壊されたくない!」「おおかみ怖いから」とレンガのこぶたさんが人気でした。

みんなよく考えて決めているなぁと感心してしまいます。

 

もうすぐ発表会

もうすぐ発表会

もうすぐ発表会

もうすぐ発表会

「レンガのお家は壊されないようにしないとね!」

物語にかかせないお家作り。みんな一生懸命自分のお家を作りました。

もうすぐ発表会

「トントントン!開けてくださいな!」「だめですよ!」

お家も完成してより楽しんで劇遊びする姿が見られるようになりました。

お客さんが見に来てくれた総合練習では緊張も感じられましたが、今は家族の人たちに見てもらうことを待ちわびている様子です。

発表会まであと少し!

初めての発表会、どうぞお楽しみにしていてください。

さつまいも、おいしいね!

2020年11月18日

おいもほりの後、みんなでさつまいも制作を楽しみました。

 

さつまいも、おいしいね!

片手に茶封筒を入れて絵具で色付け。

絵具が乾いたらその茶封筒の両端をぎゅっと握り・・・

さつまいも、おいしいね!

さつまいも、おいしいね!

さつまいもの完成!

まるで本物!?のようなさつまいもとみんなの良い笑顔。

葉の部分は頑張ってはさみで切って作りました。

さつまいも、おいしいね!

さて、こちらの様子は本物のさつまいもを洗っている姿です。

「おいしくなーれ!!」

「早く食べたいな」

みんなで楽しくゴシゴシと一生懸命洗いました。

さつまいも、おいしいね!

そして、楽しみにしていたさつまいもの試食の日。

朝から煙がモクモク、香ばしい香りが幼稚園の中に広がっていました。

「いただきまーす!」とみんなで熱々の石焼き芋を頂きました。

「先生!もっと食べたい!」と

何個もおかわりをする子もいました。

 

 

さつまいも、おいしいね!

「いただきまーす!」とみんなで熱々の石焼き芋を頂きました。

「先生!もっと食べたい!」と

何個もおかわりをする子もいました。

 

さつまいも、おいしいね!

さつまいも、おいしいね!

さつまいも、おいしいね!

さつまいも、おいしいね!

給食前だったこともあり給食が食べきれないのでは…と少し心配しましたがさつまいもは別腹なのでしょうか!?

給食もいつもと変わらずパクパク食べる子が多く驚きました。

みんなで楽しく、おいしく過ごせた一日でした。

 

 

遠足②

2020年11月11日

四季の広場に到着!

みんなでルールや遊び方を確認した後、好きな場所で遊びました。

大きな滑り台やネットの遊具など、お友だちと一緒に挑戦しながら楽しむ姿が見られました。

遠足②

遠足②

遠足②

 

 

 

遠足②

さて、最後のお楽しみお昼の時間!

日差しもぽかぽか温かい中、みんなでシートを敷いて楽しくお弁当。

シートを敷いて食べるのも2回目。

みんな上手に敷いて座って食べることができました。

遠足②

遠足②

遠足②

遠足②

遠足②

「先生、遠足楽しかったね!」

「また行こうね!」

 みんなでたくさん歩いて、遊んで、お腹いっぱい食べて、楽しさでいっぱいの一日になったようです。

遠足の準備、お弁当の用意、お忙しい中ありがとうございました。

 

 

 

 

遠足②

遠足①

2020年11月10日

前回は雨天の為、幼稚園の中で遠足ごっこを楽しみましたが、今回はとても気持ちの良い秋晴れの中、城山公園へ遠足に行ってきました。

 

遠足①

みんなバスの中から気持ちを弾ませウキウキ気分。

「行ってきまーす!!」

遠足①

城山公園に到着。

まずはみんなで公園内を散策しました。

「見てみて、葉っぱが赤くなっているよ!」

「大きな葉っぱがあるよ!」

月刊絵本11月号で落ち葉や木の実などに興味を持ちはじめた子どもたちは、周辺の山や葉の色付きによく目を向けながら歩いていました。

「疲れた」の言葉が聞こえないまま元気いっぱい歩くさくら組さん。

少し山を登り見えてきたのは…

遠足①

遠足①

遠足①

津久井湖です。

「すごい!!」

「きれい!」

「車がおもちゃみたいだね!」

山の上から下の街並みや湖を少し興奮しながら眺めていました。

遠足①

まだまだ元気な様子の子どもたち。

次はお楽しみの遊具がある広場を目指して歩きます。

お友だちと会話を弾ませながら歩く道のりはみんなとっても楽しそうです。

遠足②へ続きます。

 

遠足①

遠足①

お芋ほり

2020年11月06日

10月29日(木)、楽しみにしていたお芋ほり。

 

長靴を履いて、腕をまくって準備は万端!

「大きなお芋を掘るぞ!」と意気込み、気合の入ったさくら組さん。

説明や約束をしっかりと聞きお芋堀りが始まりました。

お芋ほり

お芋ほり

目の前のお芋を見て戸惑うことなく手を伸ばし堀り始める子どもたち。

 

 

 

お芋ほり

お芋ほり

お芋ほり

お芋ほり

お芋ほり

お芋ほり

お芋ほり

自分の顔より大きいお芋を掘り持ち上げ見せてくれたり、お芋がなくなっても「まだお芋あるかな?」と最後まであきらめず頑張って掘ったり、達成感でいっぱいの表情です。

幼稚園に着いてからも「お芋ほり楽しかったね」「また行きたいね」と余韻に浸る姿も見られました。

翌日は「ぼくが掘ったお芋でスイートポテトを作ってもらったよ」「お芋ごはんを食べたよ」と嬉しさいっぱいの報告が届きました。

みんなで遠足ごっこ

2020年10月30日

初めての遠足は雨天の為延期となってしまいましたが、お弁当やおやつをいつもと違うリュックに入れ背負って登園してくる子どもたちの表情は明るく元気いっぱいでした。

そして、いつもは遊びに夢中なさくら組さんですが、

この日は「先生、お腹すいた~」「もうお弁当食べたくなっちゃった」とお昼の時間が待ち遠しい様子でした。

みんなで遠足ごっこ

みんなで遠足ごっこ

待ちに待ったお昼の時間。ひまわり組さんと一緒にリュックを背負ってホールへ出発!

みんなで遠足ごっこ

みんなで遠足ごっこ

みんなで遠足ごっこ

みんなで遠足ごっこ

みんなで敷物を敷いて楽しいお弁当タイム。

「先生、私のシート見て!」「ぼくのおにぎり大きいでしょ」「ラムネ持ってきたよ!」

喜びがいっぱい溢れていたお昼の時間になりました。

みんなで遠足ごっこ

みんなで遠足ごっこ

みんなで遠足ごっこ

お弁当の後は身体をいっぱい動かしみんなで沈没ゲームと宝探しゲームをして楽しみました。

保育室に戻り「先生、遠足楽しかったね!」と子どもたち。

楽しい一日になった様で嬉しく思いました。

お忙しい中、遠足の準備やお弁当の用意をありがとうございました。

 

みんなで遠足ごっこ

芸術の秋

2020年10月22日

運動発表会を通し身体を動かす楽しさを知ったさくら組さん。

以前に比べさらにパワーアップした姿で元気いっぱい体操教室に参加するようになりました。

勝敗を気にしたり1番を目指したり…そして負けてしまうと泣いて悔し涙を見せる子も。

心の成長も感じられます。

 

 

 

 

芸術の秋

芸術の秋

制服登園になり、幼稚園で着替えをするようになりました。

スコットタイやズボンの履き替え、苦戦することもまだまだありますが、一生懸命頑張っています。

 

芸術の秋

 

 

 

芸術の秋

スポーツの秋の次は芸術の秋。

運動発表会の思い出画をみんなで描きました。

真っ白い塗り絵の紙に、耳を描いてミッキーやミニーちゃんに変身した姿を描く子、かけっこやサーキットのときの姿を描く子、思い出の場面はみんなそれぞれ違う様です。真剣な表情で描いていました。

クレヨンをしっかり握って色を塗ったり、目や鼻を意識して描いたりと表現の仕方がまた一つ上手になってきたなと感じました。

 

芸術の秋

 

 

芸術の秋

こちらの様子は絵の具遊びの様子です。

みんなの大好きなぶどう。

「真っ白なぶどうにみんなで色塗りをしてみよう!ぶどうの色は何色かな?」と

尋ねると「紫!」…という答えだけではなく

「緑のぶどうもあるよね。」「マスカットだよ!」とよく知っていて感心してしまいます。

でも今回は、赤と青の2色の絵の具を使ってぶどうの色塗りを楽しみました。

 

芸術の秋

「赤と青の絵の具を混ぜると…??」

「あ!紫だ!!」と大興奮のさくら組さん。

色の混ぜ方は青みがかったブルーベリーのような子もいれば、熟した巨峰のような色を作り表現する子、子どもによって様々でした。 

どのぶどうもみんな美味しそう!上手に色作りと色塗りができみんな大満足の様子でした。

 

 

 

 

芸術の秋

次はその紫の絵の具と白のクレヨンを使って今度はおばけを描きました。

「白のクレヨンでおばけを描いても見えないよ。」と不思議そうな表情を浮かべていた子も、クレヨンの上を絵の具で塗ってみるとぽわんとおばけが浮き上がり「おばけがでてきた!」と大喜び。

塗るスペースがなくなっても筆を握り色を塗るほど夢中になっていました。

 

 

 

 

芸術の秋

芸術の秋

 

 

9月研究活動「みんなでじゃんけんぽん!」

2020年10月15日

さくら組の9月のレクレーション活動はみんなで「じゃんけんゲーム」を楽しみました。

まず「グーは石、チョキはハサミ、パーは紙だよ」「紙とハサミどっちが強いかな?」等とじゃんけんの仕組みについて話をしました。

 

遊びの内容は簡単です。

じゃんけんをして自分が勝ったら○○ポーズ、負けたら○○ポーズ、あいこだったら○○ポーズと決めて、みんなで一斉に保育者とじゃけんをします。

 

「じゃんけん、ぽん!!」

 

 

 

 

9月研究活動「みんなでじゃんけんぽん!」

9月研究活動「みんなでじゃんけんぽん!」

9月研究活動「みんなでじゃんけんぽん!」

「負けちゃった~」「やったー!勝ったよ!」

9月研究活動「みんなでじゃんけんぽん!」

じゃんけんをしてすぐにポーズができる子もいれば、「先生!グーって負け?」と確認してくる子、自分の両手を広げグーチョキパーを作って勝ち負けを考えてみる子等々、最初の反応は子どもによって様々でした。

でも何回か繰り返していくうちにじゃんけんの仕組みが理解できるようになり、すぐにポーズで反応を返せるようになりました。

 

9月研究活動「みんなでじゃんけんぽん!」

9月研究活動「みんなでじゃんけんぽん!」

9月研究活動「みんなでじゃんけんぽん!」

最近では子どもたちだけでもじゃんけんゲームをして遊べるようになりました。

勝ち負けのポーズや勝ち負けの判断、保育者がいないとまだまだ怪しい部分もありますが、子どもたちはあまり細かいことは気にせずみんなで「じゃんけんぽん!」と大きな声で言い合ったり、友だちのポーズをみて笑い合ったりと楽しい時間に大満足の様子です。

 

これからも「じゃんけん」を活用してみんなで色々な遊びを楽しんでいけたらと思います。

Return to Top ▲Return to Top ▲